ピルは避妊と女性の病気の治療に役立つ!

ピルは女性ホルモンを摂取する薬

性交渉の際には、避妊のためにコンドームを使うのが一般的です。しかし、コンドームは気づかないうちに破れていることがあり、避妊できる確率は100%ではありません。確実に避妊をするのであれば、ピルを服用するのがおすすめです。

ピルは卵胞ホルモンと黄体ホルモンが含まれています。この2つのホルモンを人工的に摂取することで、身体がホルモンを分泌するのを抑制します。その結果、妊娠しなくなるのです。また、子宮頸管粘液に作用して、精子が子宮と接触するのを防ぎます。さらに、内膜を厚くすることで、受精卵が着床しにくい状態にする効果もあるのです。

ピルはシートに包装されており、「1相性」と「段階型」に分類されます。薬の効果に違いはありません。

1相性シートは、全ての錠剤に同じ量のホルモンが含まれています。段階型シートは、用量の違う錠剤が数種類セットになっています。

段階型シートは、少しずつ用量を増やしていくため、自然に近い状態でホルモンを摂取できます。そのため、副作用による身体の負担が少ないのが特徴です。

1相性はどの錠剤も用量が同じなので、段階型のように飲む順番を気にする必要がありません。月経のタイミングを調節したい人や、ピルを使い慣れていない人にもおすすめです。

最近はピルを通販で購入する人が増えています。ピルを使用するときは、医療機関を受診して、医師や薬剤師から服薬指導を受けてください。

ピルは避妊だけでなく病気の治療やリスク軽減にも使われる

ピルは女性ホルモンのエストロゲンとプロゲステロンを規則的に摂取できます。そのため、避妊の他にも、月経前症候群や月経不順、生理痛の症状の緩和に効果があるのです。

月経不順や生理痛がひどくて婦人科を受診すると、ピルの処方を勧められる場合もあります。

子宮内膜が厚くなるのを防ぐことで、月経に血のかたまりが混じる症状や、生理が1週間以上も続く「過多月経」を抑制します。

また、ピルはニキビの改善にも役立ちます。ニキビや吹き出物は、一般的に、アンドロゲンという男性ホルモンが多くなるのが原因です。ピルを服用して女性ホルモンを摂取すると、ホルモンバランスが調整され、ニキビができにくくなります。

他にも様々な病気の治療やリスク軽減に効果があります。例えば、ピルは子宮内膜症の治療に使われます。また、機能性卵巣嚢胞や骨盤内感染症、卵巣がんのリスク低下といった効果もあるのです。

ピルには様々な効果がある一方、副作用が出る場合もありあす。もっとも多いのは頭痛・吐き気・倦怠感です。これらの症状は、薬に慣れていくと改善されることがほとんどです。副作用が辛い場合は、医師に相談しましょう。

ピルを飲むときは飲む時間と期間を守る

ピルは避妊以外にも、卵巣がんなど婦人科系の疾患のリスク軽減も期待でき、服用している女性が増えてきています。しかしピルは、飲み方をキチンと守らないと確実な避妊効果を得られないので注意しましょう。

ピルを飲む際に守ることは、1日1錠を毎日同じ時間に飲むことと、21日間使ったら7日間服用を中断することです。

ピルの飲み方は、「ワンデイスタート」、「クイックスタート」、「サンデースタート」の3種類に分けられます。ワンデイスタートは、生理が始まった1日目から飲み始めます。生理が始まった最初の日曜日に飲む場合はサンデースタート、生理に関係なく服用を始める場合は、クイックスタートといわれます。

ピルの成分が体内に入り、卵巣の働きが完全に休止するまで、7日間かかります。飲み方を守れば、薬の服用を中断する休薬期間中も避妊効果が続くとされています。

ピルは下垂体に作用し、卵胞刺激ホルモンと黄体形成ホルモンの分泌を抑えることで、排卵を起こらなくさせます。

また、子宮内膜が厚くならないようにして、受精卵が着床しにくい状態にします。さらに、子宮頸管粘液に変化をおよぼして、精子が子宮に入り込むのを防ぐ働きもあるのです。

こうした仕組みで、ピルは避妊や病気の治療に役立つのです。

ピルが効果を発揮するのは服用から7日後!性感染症には効果がない

ピルの避妊効果を得るには、ルールを守って服用する必要があります。

ピルは毎日1錠ずつ、21日間飲みます。1シート21錠のものと、27錠のものがあり、21錠のものは、次のシートを使うまで7日間の間隔を空けます。

飲み時間帯にばらつきがあると、避妊に失敗する可能性が高くなるといわれています。また、間隔を空けたあと、ピルの飲みはじめが遅れると避妊に失敗する危険性があるので注意しましょう。

ピルを正しく使った場合、避妊効果はほぼ100%といわれています。ただし、ピルの効果が出るのは、成分が卵巣に届く7日後です。また、ピルにはエイズなど性感染症を予防する効果はありません。性感染症を防ぐため、性交渉の際は、ピルを使用していてもコンドームを使用しましょう。

基礎体温をつけて避妊に活用する手段もありますが、これはあまり確実ではありません。望まない妊娠を防ぐためにも、避妊については正しい知識とパートナーの理解が必要です。

もし避妊に失敗したり、望まない性交渉をしたりした場合は、アフターモーニングピルが有効なので覚えておくとよいでしょう。