低用量ピルは生理や月経の不調を整える効果がある

NO IMAGE

低用量ピルは女性ホルモンの量を安定させる

低用量ピルには、ホルモンバランスを整える作用があります。そのため、月経不整や稀発月経、生理不順といった、月経周期が安定しない人におすすめです。

正しく服用すれば、体内の女性ホルモンの量が一定になります。それによって生理不順が改善され、規則正しく出血が起こるようになるのです。

低用量ピルは、生理不順を改善する効果があると言われていますが、厳密には、月経を止まった状態にします。これは低用量ピルの、排卵を防ぐ働きによるものです。服用を休止している期間は少量の出血がありますが、月経のように多くはありません。

ピルは、月経のタイミングが定まらない人や、生理に不快な症状がある人、生理がたまにしかこない人に重宝する薬です。

低用量ピルを使えば生理のタイミングをコントロールできる

低用量ピルは、月経の周期を28日に整える働きがあります。一般的に生理の周期は28日前後と言われていますが、これは人により様々です。

生理周期の乱れは、ストレスや様々な原因によって、ホルモンバランスが乱れることで起こります。

低用量ピルを服用することで、周期の乱れが改善され、出血も安定するのです。服用している間は出血が起こらなくなり、決められた量を飲み終えてから数日後に、出血が始まります。

低用量ピルを使えば、旅行や大切な用事に合わせて、生理周期をコントロールし、快適に過ごすことができます。

日々のストレスなどでホルモンバランスが崩れがちな人も、ピルを服用することでバランスが整えられ、不快な症状を改善できるのです。

安定しない生理周期に悩んでいる人は、低用量ピルを使ってみると良いでしょう。